川崎消防設備社長日記

<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

守る事に徹したチームは厄介だ

女子のW杯が始まりまして、初戦、なでしこはアルゼンチンと対戦し、0-0と引き分けましたね。

 

どんなに実力差があろうとも、勝つ事を諦めて守る事に徹している相手から点を取るのは難しいものです。

 

川崎のサポーターなら、その難しさをよく解っているでしょうね(笑)

 

相手がFW1人を残して10人で守るというのは、単純に数で言っても、攻める側はキーパーとCB2人は残しているわけですから、守備側が2人余る計算になりますね。事前のスカウティングで作戦を練ってうまくマークをスライドさせられれば、常に1人が2人を相手にする事になります。

 

これを崩すのは思ってる以上に難しいんですよね。

 

では川崎はなぜ崩せるかというと(崩せない時もあるが・・・)、憲剛にしても僚太にしても家長にしても、餌をまくのがうまいんですよね。憲剛にしても僚太にしても、普通のパスで食いつかないとわかると、「ギリギリカットできるかもっ!」っていうパスを出します。相手は行けると踏んで食いつくんですけども、これがぎりぎり食えないんですよ。

家長は取れそうな位置にボールを置いて、食いついても取れない。じゃあ2人で。取れない。

そうやって動かしていくんですね。

味方がいいポジション取ってれば3人食いついてくる時もあります。そこでマークが剥がれた1人を作る事が出来るんですね。

それが直接チャンスに繋がらなくても、そういう回数を増やしていけば、「うまくハマらない」というイメージを相手に与え、少なくとも、自信満々でプレーは出来なくなってきますね。

 

そうやって90分フルに使って落としていくわけです。

 

なでしこの昨日の試合は、まるでプレミアリーグのようなボールの動きしてましたね。

単純に右、単純に左。

各々の距離感もリーガではなくプレミアのようで、プレミアがそれで成立するのは、速く正確なロングキックと正確なトラップ能力があってこそ。

そこからの個人能力も半端ないですしね。

当然、日本人にそんな能力はないわけで、

澤さんや宮間さんがいた頃は、そういう餌をしっかり撒いていたと思いますよ。

だからフリーの選手を作れて、美しくパスも回ったんじゃないでしょうか。

 

今朝の試合がつまらなかったのは短調だったからですよ。

焦って同じリズムをずっと続けてしまう。

それでは2人多い相手を崩す事なんか出来ません。

 

でもね、これから相手が強くなっていきますが、だからといって負けるだろうとは思わないんです。

うまくポゼッションできるチームなら、前掛かりにくるチームのほうが相性がいいので。

 

とはいえ、ちょっとメンバー的に戦えない選手が何人かいたのが気になりますが・・・

 

当然、全力で応援しますけども。

 

頑張れ!なでしこジャパン!

 

comments(0) | trackbacks(0)

活かす香川、活かされぬ香川

日本代表はベスト16でベルギーと対戦し、2-3と負けてしまいましたね。

 

とはいえ、その戦いぶりはほんとに素晴らしかった。

ベルギーも日本も共に好調で、その中で、あと一歩までベルギーを押し込んだ事は素晴らしかったと思います。

ベルギーってめちゃくちゃ強いんですから(笑)

 

私は香川が大好きなんですが、今大会の香川はやはり世界レベルのクオリティーを随所に発揮してこれまでの代表での試合の中では活躍が目立った大会だったんではないでしょうか。

しかしながらドイツの人達や香川の理解者だったクロップが世界有数のトップ下と評した香川のクオリティーは極めて狭いスペースの中で味方を活かすプレーも出来るし自らがフィニッシャーにもなれるという所だと思いますので、香川がフィニッシャーとして活かされなかった事は少し残念ですね。

 

ベルギー戦でも、柴崎を交代させるなら僚太だったんじゃないかとも思いますし、もっと前に辿れば、香川と乾を軸にする事が解っていたならば清武を呼ぶべきだったと思いますが、なんせ試す時間がなさすぎましたもんね。

 

なんにしても香川にはお疲れ様でしたと言いたいですね。

欲を言えばほんとに輝いた香川を見たかったですが。

それはドルトムントで見ますかね(笑)

comments(0) | trackbacks(0)

大博打に勝った西野監督

W杯もようやく予選リーグが終了しまして、日本代表は・・・なんとなんと予選2位で突破しましたっ!!!

 

たった40日、たった3試合で作ったチームで予選突破したのだから、これは凄い事ですよね。

ドイツなんか2大会以上かけて作ってるのに敗退したわけですから。

 

凄い結果を出してくれました。

おめでとうございます。

 

まあ結果だけですが・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

予選突破した翌日に日本人全てが言い訳を探してる状態。

 

とにかくリスクマネジメントうんぬんではなく単純に博打に勝ったわけですから、これでようやくベルギーとガチンコでやれるんですもんね。

ベルギーもイングランドも予選通過決めての最終戦で主力温存は間違いないところでしたから、ここで3戦連続の先発陣では勝ったとてベルギー相手に2軍って可能性もあったわけで博打を打った西野さんもそれに勝った西野さんもたいしたもんです。

 

さてもう1試合。

ガチンコでやってどこまでやれるか。

 

頑張れ!日本代表!

僚太はやっぱり笑顔がキュートっ!

comments(0) | trackbacks(0)

まだ香川が動けるうちに

W杯が始まりましたね。

やはりロシアはこれまでのW杯と違って随分と涼しいらしく、どのチームも80分くらいまではそこそこ動けてます。

優勝を狙っている国のコンディションは相変わらずピークには至らず、初戦でコロンビアと当たれるのはある意味でラッキーなのかもしれません。

前回大会でベスト8入りし、今回はそれ以上を狙ってるはずなんでコンディション的には追い込んでいないと推測されます。

 

とはいえ、実質3試合で作った急造チームで勝てるほど、W杯は甘くないとは思いますが(笑)

 

それでも、3試合1点も取れないで帰ってくるのは悲しいので、ここは香川に期待したいですね。

彼の持ち味はなんといっても狭いスペースに入り込んで仕事する事。

 

これまで代表で仕事出来ない要因のひとつはその狭いスペースに入り込んだ香川にパスをつけられない事だと思ってます。

でも今回は2人ほどパスを付けられそうな選手がいます。

柴崎選手と僚太ですね。

二人ならきっと香川にパスを付けられます。

けれど、柴崎選手はパスをつけられるだろうけども付けようとは思わないかもしれません。

なので、なるべく香川が動けるうちに僚太を使ってもらえればなと思ってます。

僚太なら必ずそこに付けます。

そこで、風間さんのフリーの定義が発動するはずだからです。

憲剛と一緒に出たときの香川は輝いていました。

けれど憲剛はそこにいない。

だからこそ僚太に期待したい。

僚太なら、きっと香川を輝かせる事が出来るはず。

 

そんな期待を胸に日本代表を応援したいと思います。

 

チャンスが来るまでしっかり準備して、その時が来たならば今度こそ、しっかり結果を出してほしいなと思います。

 

頑張れ!大島僚太!

頑張れ!日本代表!

comments(0) | trackbacks(0)

そもそもその服は似合わない

E-1グランプリでしたっけ?(笑)

E-1選手権ですね。

日本代表は韓国代表に1-4で敗れました。

 

今回は川崎の選手も多く招集されてましたから、一応、観ておりましたけども、もちろん、選手個人個人の力の差もあったのでしょうけども、すごくですね、すごく「この服じゃない」感がありまして・・・

 

今回、川崎、鹿島、ガンバの選手が多く招集されたんですけどもね、どのチームもしっかり中盤でゲームを組み立てるポゼッション型のチームなんですよね。

その選手たちを準備期間もないのに順位が上だったからって招集して、最初っから最後までロングボール放り込むようなサッカーさせるってどうなんでしょう。

もちろん、日本のスタイリストをしてらっしゃるハリルさんって方はどんな場所でもどんな状況でも同じ服を着させます。

TPOに合わせて服を変えるって事はなさらない。

だったらせめてモデルだけでもその服に合った人を選ぶべきなんじゃないかと。もちろん、この大会を優勝すべき大会だと思っていたならばなんですけども。

堅守速攻型で今年それなりの成績を収めたのは横浜Fマリノスとジュビロ磐田。

この2チームの選手を軸にチームを作るべきだったんではないかと。

やっぱりね、ポゼッション型のチームと堅守速攻型のチームではスイッチの入れ方、入れる場所が違うんですよ。

それは大きな戸惑いを生む。

 

3試合観ましたけども、いい試合なんかなかったですよ。

極論を言えば、ハリル監督になってオーストラリア戦以外にいい試合と言える試合はなかった。


とにかく、川崎のサポーターはこのサッカーは嫌いですね(笑)

だってつまんないもん(笑)

 

 

 

comments(0) | trackbacks(0)

勝てば官軍

みなさん、この間の日本代表の試合観ました?

 

サウジアラビアに勝ってグループ2位になったらしいですね。

 

そんで本田、香川、岡崎が先発から外れて、大迫、久保、清武が先発してうまくいったって事なんですけども・・・

 

前から何度か書きましたけども、これってただ単純に寒くなったからじゃないんですか。

本田、香川、岡崎が先発したときだって、前半はそこそこ動けたはず。

問題は後半の残り15分くらいだったわけで、試合見てたら原口とかすげー走ってましたけども、この寒さで一杯一杯でやって、最終予選の最後の最後はまた夏なんですよね。

あの運動量は絶対に出来ない。

これから中東のアウェー続きますけども、そこで初めてこのサッカーの無謀さに気づくんじゃないでしょうかねえ。心配。

 

唯一、光明があるとするなら以前よりディフェンスでボールを持ち、前が整ってから縦に入れるようになった事。

これによりスプリントの距離は少し短く出来てると思います。回数は変わりませんが。

もしこれがシステムについて監督と話すると言っていた本田さんの助言によるものだとすれば、例え試合でグダグダでも価値があるんじゃないでしょうかねえ。

 

私は本田さん大嫌いですけども、サッカーってのはバスケットボールじゃないんで1点取るのものすごく大変でしょ。

そんな1点の決定的起点となった選手があんなに不要扱いされるのはなんだかなあって感じですわ。

 

なんも仕事しなかった時はクソミソでもいいんでしょうけども、仕事したときは褒めるべきだと思いますね。

一般の人は私も含めて感情論でいいんですけども、セルジオさんとか玄人なんだからねえ。

 

1点取る事がいかほど大変かは良くご存知だと思うんですが。

comments(0) | trackbacks(0)

代表より普通に川崎が心配

本日、風間監督の今季限りの退任がリリースされましたが、昨日の代表戦での悠の怪我もあって、なんだか代表ってなんなんだろね・・・って思ってしまいます。

 

ま、とりあえず、昨日の代表戦ですが、オーストラリア代表と戦い1-1と引き分けました。

内容うんぬんは思ってたより良かったんですが、やはり、寒いってほど気温の低い動ける環境でも前半からあれだけシャウトすれば後半早々に動けなくなってしまうんですね・・・

 

ほんと、ないものねだりを続ける監督が戦略に優れてるなんて誰が言ったんでしょうか。

 

結局、あれしか出来ないんじゃないか・・・

 

そんでもってJリーグの選手と海外でプレーする選手には大きな差があるらしいんですが、確かに、リーグを比べれば大きな差があるでしょう。

ドルトムントをこの目で見ましたからそれに異論はないんですが、その昔、平山君がオランダから帰ってきた時に、「レベルが高いのは上の3チームくらいであとは下手くそ」って言ってたんですけども、海外のリーグってのはおそらくその言葉は正確で、香川や清武がいるあたりのチームはかなり質が高いですが、その下のチームなんかはかなり落ちると思うんです。

そんな中で出たり出なかったりする奴は試合に出てて、その上のクラスでなかなか試合に出れないような選手は試合に出れない。

そんでもってJリーグでチームも本人も調子いいのに使われない。

 

小林悠はそんなに本田に劣ってたかなあ・・・

 

とにかく、Jリーグで無双切ってる斎藤学くんをこの2戦で使わなかった時点で、私はハリルホジッチ眉唾もんだと思いますけど(笑)

彼は今、一番いい時のレナトくらい切れてますよ。

この間、マリノス戦で見ましたからね。

どんな外国人より迫力ありましたよ。攻撃にね。

どういうスカウティングしてんだか・・・

 

川崎ファンとしては小林悠で嬉しかったですけども、公平な目で見れば今回は斎藤学見たかったなと。

あんなおせーディフェンス切り裂いたのになあ・・・

 

ま、代表はそんぐらいで。

 

そんで代表で小林悠が終盤負傷退場したんですけどもどうなんでしょうね。

憲剛先生も怪我しちゃったし、悠もいなくなったとなるとこの先どうなんだか。

おまけにヤッヒー退任ですわ。

五輪代表監督有力だと・・・

 

もうわけわかんねえ。

 

とりあえず言える事は、ヤッヒーのサッカーを引き継いで伸ばせる指導者なんて日本にはいないって事。

プジョルやってくんねえかなあ(笑)

選手兼任でもいいからさ(笑)

comments(0) | trackbacks(0)

悠がケガしないかそればかりの代表戦

◇キリン杯決勝 日本1―2ボスニア・ヘルツェゴビナ(2016年6月7日 吹田S)

ハリルジャパンが初タイトルを逃した。キリン杯決勝が行われ、バヒド・ハリルホジッチ監督(64)率いる日本は同監督の母国ボスニア・ヘルツェゴビナに1―2で競り負けた。前半28分にMF清武弘嗣(26=ハノーバー)が先制点を挙げたものの、守備の乱れから2失点して逆転負け。指揮官は不満をあらわにし、9月からの18年W杯ロシア大会アジア最終予選へ、課題が浮き彫りになった。


スポニチアネックスより

昨日ですけども、日本代表、負けちゃいましたね。
ボスニアはFIFAランキングで格上でしたけども、ほぼほぼ2軍でしたし、日本もけが人が多くて1.5軍くらいでしたかね。

負けたから言うわけじゃないですけどもやっぱ前半から飛ばしすぎだと思いますよ。
毎回毎回。
この戦い方してどんどんどんどんスタミナがついていくようなノビシロのある若手ならともかく、ベテラン揃いのチームなんでね、1試合のスタミナもそうですけども短期間で複数試合しなきゃいけない大会はさらに厳しいでしょ。

ま、代表なんでこのくらいにしておきます(笑)

とにもかくにも悠先生がケガしなくてよかった。
そればかりが気になる代表戦でした(笑)
comments(0) | trackbacks(0)

せっかちな監督のせっかちな試合

<W杯アジア2次予選兼アジア杯予選:日本3−0カンボジア>◇E組◇3日◇埼玉
ハリルジャパンがカンボジアに3−0で完封勝ちし、W杯アジア2次予選で初勝利を挙げた。


日刊スポーツより

ハリルジャパンがカンボジアに勝利しましたね。

予想してたとおり、サイドで長友がどんだけ暴れようとも、クロスの質がバレちゃってますから中央を薄くしてまでサイドを止めにはいかんですなあ(笑)

まあ、思ったとおりにはいかなかったかもしれませんが、攻撃の練習させてもらったと思って切り替えるしかないですね。

しかし勝てないってのは怖いもんですね。
この相手でもチャカチャカしちゃうんですもんねえ。
クラブで好調な選手までチャカついちゃうんですから、サッカーってのは面白い。
超せっかちな監督のチームらしくせっかちな試合でした。

お疲れ様でした。
comments(0) | trackbacks(0)

協会が水を撒けば選手が育つわけじゃない

東アジアカップ最終戦、日本代表は中国と対戦し、1-1で引き分けました。

結局、1勝も出来ずに終わりましたが、最終戦はなんとなく自分達のいいとこ出そうとしてましたし、内容も一番良かったんで、まあ、良くはないけども良かったんじゃないでしょうか(笑)

これからW杯予選が続いていきますけども、国外組を招集できるとなるとこの中から試合に出れるってのは極少数ですしね、何人かは充分やれる選手もいましたので、まあ、今回まではなんとかなるかと(笑)

結局ですね、アジアの中ではボールを持てるチームなんでボール持って戦ったほうがいいって事ですよね。

ハリルホジッチも学んだんじゃないでしょうか。アジアを。

さてさて、大会に行く前に期待されるコメントをもらいながら、初戦以外出番のなかった我がフロンターレの谷口選手ですが、どうも失格の烙印を押されたという事でしょうか。

最近のJリーグの試合でも彼のパフォーマンスには少し迷いのようなものを感じましたし、保守的な繋ぎが多く前に行く姿勢もなかったですから今回はしょうがなかったですかね。

全ては判断の遅さに起因してますね。

正確な判断を世界レベルでしなければ余裕のあるビルドアップは出来ません。
今回のアジアとの戦いより、この間のドルトムントを基準に成長してくれればなと思います。
すぐにあの域にはいけないでしょうけど、あの域を経験はしてるわけですから。

さあ、さっさとリーグ再開しようぜっ!
そして全力で応援しよう!
選手は協会が育てるのではなく、サポーターが育てるんだぜっ!
comments(0) | trackbacks(0)