川崎消防設備社長日記

<< June 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

オンボロペダルの復旧

元々LUPOに付いていたペダルなんですが

 

20190428_2799675.jpg

 

20190428_2799677.jpg

 

こんな感じで凹んでるわ汚いだわで本来なら捨てるとこなんですけども、GWで暇だってのもあり、ちょっと復旧してみたいと思います。

 

20190428_2799679.jpg

 

まず六角レンチでペダルの外側の部分と内側の部分に分けます。

 


20190428_2799681.jpg

 

こんな感じです。

 

20190428_2799699.jpg

 

まず、外側の枠を当木してハンマーで叩き形を戻しました。

 

20190428_2799703.jpg

 

芯の部分は100円ショップで買ったクレンザーとスチールたわしでこすっていきます。

 

20190428_2799705.jpg

 

こんな感じになりました。ピカールとかでもう少しやればもっとピカピカになるんですけども、私はこんなもんで大丈夫です。

結局、踏んで汚れる部分なので(笑)

 

20190428_2799707.jpg

 

20190428_2799709.jpg

 

枠の部分は染めQで塗装していきます。染めQはとても粒子が細かいので下地なしでも乗りやすいし剥がれにくいです。

ちょっとお高めですけども(笑)

 


20190428_2799683.jpg

 

こんな風に割り箸刺して塗っていきます。

 

20190428_2799685.jpg

 

塗装して乾かしてる間にペダルの軸をバラします。

写真のボルト部分をボックスレンチで緩めて、さらに下に違う径のボルトがあり、それを外すとバラせます。

 

20190428_2799687.jpg

 

こんな感じ。

周りのゴミみたいのはベアリングで、これはすごく小さいんですけども、絶対に無くさないように。

1個でも無くすとそこで終わりです。

古いグリスを落とし、新しいグリスを塗り、軸とベアリングを戻します。

ベアリングもちゃんと並べないとゴリゴリして回りません。

 

20190428_2799693.jpg

 

20190428_2799689.jpg

 

20190428_2799691.jpg

 

組み上げたら完成です。

 

まあまあいい感じに戻りましたね。

 

すぐには使いませんけども、ストックしておいていつかは使用します。

 

comments(0) | trackbacks(0)

CADEX2のサス化は断念

息子のチャリばっかりいじってたら自分のチャリもなんかしたくなったので、

 

20190422_2796877.jpg

 

ショートステムが好きなんで付けてたんですけども、ちょっとハンドルが近すぎてバランスが悪い。

しかもなんかフロントにガタつきがあり気になる。

 

というわけでフロントフォークを一度バラします。

 

20190422_2796879.jpg

 

バラしたら上ワンと下ワンのリテーナーをグリス漬けにして戻します。

 

20190422_2796881.jpg

 

20190422_2796883.jpg

 

ステムを伸ばすと少し前がかりになるのでスペーサー(1cm)を1枚増やしてハンドル位置を上げました。

 

荷重を腕にも分散出来て腰の負担が減らせそうです。

 

ガタつきもまったくなくなりました。

 

CADEX2は古いチャリですけどもカーボンパイプのフレームでマウンテンにしては軽いんですけども、どうもリジットフォークが軟弱で気にくわない。

そんでサスペンションに替えようとしたんですけども、オールドマウンテンバイクは元々はスレッドステムタイプのリジットフォークが当たり前なんでトップチューブが地面に対して並行で、フォークが湾曲してフロントタイヤのポジションを取ってるんで、ヘッドチューブに角度があまり付いてないんですね。

このタイプのチャリを無理やりサスにしようとすると、今在庫で持ってる旧車のサスだとまずフォークステムの部分が圧倒的に不足する。スレッドステムは高さも調整出来ますのでシートステイと並行でも高さを出せるんですけども、今持ってるサスペンションはもう少し新しくなったMTBのサスなんで、このサスが入り出した頃にはシートステイに対してヘッドチューブがかなり上にあるフレームになってるんです。

それに合わせてフォークステムの部分をカットしてるのでアヘッドステムの出だしが低くなり過ぎちゃうんですね。

それでも無理やりサスを入れるとまず、タイヤが今よりフレーム側に寄ってしまいますね。

湾曲したフォークでタイヤ位置を取ってるのにそこにストレートのサスペンションを入れると当然タイヤが近くなります。

自転車としてのバランスが悪くなるし、サスペンションが角度なく入りますから、ショックを吸収する能力も削がれます。

 

というわけで、サスペンション化は断念しました。

 

旧車には旧車の趣ってもんがあるわけでして、それはそれでいいのかなと。

シフターなんか5速ですからね(笑)

8速のスプロケット履いてますけども5速しか変わりませんから(笑)

フロントは3速変わりますから充分ですね。

ものすごく重いんで「ギア変えました〜っ!」って感じです(笑)

 

かわいいやっちゃの〜っ!

comments(0) | trackbacks(0)

サビサビチェーンの復旧は1日にしてならず

サビサビになってたLUPOのチェーンを油漬けにしてけっこう経ちまして、

 

20190422_2796846.jpg

 

20190422_2796848.jpg

 

一度、油を落としたんですけども、数日でこの有様。

 

チェーンのサビやら油カスやらで汚れてしまいましたね。

 

けどもサビサビのチェーンの復旧には時間も必要。

落として油漬けにしてまた落とす。これを繰り返していけばそれなりに復旧します。

 

まあ、チェーンぐらい安いもんだから替えろってのは道理ですが、チェーンは消耗品でそのうち伸びて替える時期はくるんですけども、当面これで凌ぎたい。

 

20190422_2796850.jpg

 

パーツクリーナーはホームセンターなんかで300円程度で売ってますので使い切るまでひたすら噴射し続けます。

 

20190422_2796852.jpg

 

20190422_2796854.jpg

 

写真だとわかりづらいんですけども、油汚れはほとんど落とせました。

 

パーツクリーナーを水で洗い流して後輪をバウンドさせて水を切り、新しいオイルをズブズブかけます。

 

そんでまた1週間後くらいに同じ事します。

 

3回くらいやったらそれなりです(笑)

comments(0) | trackbacks(0)

BIANCHI LUPOの再生

とんでもなく酷い有様だったルポですが、これまで興味はあれど手を出さなかったビアンキのチェレステカラーがとても気に入ったので修理してみました。

 


20190410_2790095.jpg

 

こんな塩梅で仕上がりました。

 

ホイールは振れが酷すぎて修復には片輪だけで1時間以上はかかりそうなので暇なときに治すとして、今回はHAROのバイクで使っていた700×23Cのタイヤをそのまま使い、スプロケットだけルポについていたものに交換しました。

 

20190410_2790091.jpg

 

バーテープはビアンキ純正の黒に変更。送料込で2,000円くらいでしたかね。

バーテープを巻くのは30年ぶりくらいだったので緊張しました(笑)

 

20190410_2790080.jpg

 

20190410_2790078.jpg

 

20190410_2790074.jpg

 

サビが酷かったカンチブレーキのボルト関係、ステムのボルトはステンレスのボルトに交換、傷だらけで汚かったヘッドパーツも新品に交換しました。

ペダルは元々はトゥクリップ付のを履いていたんですけども、息子が乗りにくいというのでエクスペドのMTB用のペダルに変更。

元は1万円くらいするいいペダルだったんで、安く買いましたけども分解してグリスアップしたらクルっクル回りましたよ(笑)

シクロクロスだしMTB用でもいいでしょう(笑)

 

このパーツ代で3,500円くらい使いましたね。

ボルトも数あるとけっこう掛かるんですわ。

 

20190410_2790085.jpg

 

サドルの破れは100円均一でアイロンでくっつく布を購入し、塞ぎました。

うまく隠せてると思います。

 

20190410_2790082.jpg

 

20190410_2790076.jpg

 

さて、一番問題だったフレームの色落ちですけども、チェレステの修復の代用としてネットでよく言われているトヨタのライトアクアメタリックというタッチペンエアーを使って修復してみました。

 

原色とほとんど遜色なく仕上げられたと思います。

 

これはオートバックスのポイント使って買ったのでほとんどタダみたいなもんでした。

 

細かい傷もタッチペンで消して見た目はかなり復旧できたと思います。

 

ブレーキのブラケットカバーもゴムが溶けてベトベトになっていたので交換しましたが、現行型のTIAGRAのカバーを購入してしまい、うまくフィットしなかったのでクルクル回らないようにビニールテープで固定してあります。

これだけが失敗でしたが、4500系のブラケットカバーは現在は売ってないみたいですね。残念。

送料込で1000円程度でしょうか。

 

後はシフターの調整、ハブのグリスアップ、ヘッドパーツのグリスアップ、スプロケットの洗浄、機能的な所もきっちりやって走りもかなり戻せたと思います。

 

本体込で16,500円。

本来、シクロクロスはロードっぽい出で立ちに太いタイヤを履くのがかっこいいんで、ホイールの振れ取りをしっかりやって元のホイール治ったら32Cくらいのゴツゴツしたタイヤを履かせたいですね。

ヘッドバッジも紛失してるのでおいおい付けたいと思います。

 

このようにですね、死にかけたチャリに命を吹き込んでやるような手直しをして乗ると、かわいくてしょうがない。

故に私の乗ってるチャリはほとんどが20代から使ってるもので、もしくは、このバイクのように死にかけてたものを修復したもの。

息子にその良さがわかるといいんですけどね。

 

とりあえず、ビアンキのチェレステカラーは弱虫ペダルで箱根学園の荒北が乗ってるバイクなんで息子は喜んでます(笑)

 

やっぱチャリは面白いなあ。

comments(0) | trackbacks(0)

BIANCHI LUPOの再生

うちの20歳になる息子が、私のお下がりのHAROのマウンテンバイクに乗ってたんですけども、元々BMX的乗り方をするために買ったXSのチャリだったもんで、息子の要望通りに、「重いからタイヤ細くして」と言われれば700C仕様にしてあげたり「フレーム小さいから運転しづらい」と言われればステムを伸ばして対応してたんですけども、気づいたら京都伏見バッタ仕様みたいになってしまって、フレームも私が20代の頃に買ったやつでちょっと時代遅れなデザインだったもんで、ここはひとつまた遊び道具を。

 

という事で、ヤフオクで1万円、私だけ入札(1万円でも高いという世の中の評価)で、

 

20190410_2790035.jpg

 

20190410_2790043.jpg

 

BIANCHIのLUPOというシクロクロスのチャリを購入しました。

 

20190410_2790049.jpg

 

20190410_2790047.jpg

 

20190410_2790045.jpg

 

20190410_2790041.jpg

 

20190410_2790039.jpg

 

20190410_2790037.jpg

 

20190410_2790033.jpg

 

20190410_2790031.jpg

 

なるほど、1万円でも誰も買わないと言われたチャリ。

ホイールは振れが酷く前も後ろも回らない。ネジはサビつき、チェーンもサビ放題。

サドルは破け、フレームも焼けた色落ちあり。

 

とはいえ、元は10万円以上するシクロクロスのちゃり。

シクロクロスは安いものもありますけども、パーツだけをみれば中の下くらいのランクで子供が乗るには申し分ない素質の持ち主。

そのポテンシャルを取り戻してあげるべく、さらに予算1万円で直していきます。

 

つづく。

 

 

 

 

 

comments(0) | trackbacks(0)

CADEX再生

DSC_0185.JPG

 

DSC_0182.JPG

 

DSC_0183.JPG

 

DSC_0184.JPG

 

DSC_0180.JPG

 

DSC_0187.JPG

 

ポンコツだったCADEX2を予算15,000円(本体含む)で再生してみました。

 

誰もこいつが15,000円とは思わないでしょう(笑)

 

うまくいったうまくいった(笑)

comments(0) | trackbacks(0)

フレームの色揚げ

DSC_0169.JPG

 

DSC_0170.JPG

 

DSC_0171.JPG

 

DSC_0172.JPG

 

DSC_0168.JPG

 

早速、ぐずぐずに傷んでたフレームの色揚げしてみました。

 

ま、フレームはすごく遠くから見れば新品と見間違う事でしょう(笑)

comments(0) | trackbacks(0)

三ツ池専用にチャリを買う


1496962299_10103707305939d4fbec3ef5_94532842.jpg

 

古いGIANTのCADEX2をヤフオクで7,850円で落札したので、こいつをいじってしばらく遊んでみます。

 

今乗ってるロード使用のチャリは三ツ池公園でポケモン取ってる最中に連続でパンクしてしまったのでこいつは少しオフロードも走れる仕様にしたいと思います。

comments(0) | trackbacks(0)

量産型ザクをシャア専用にする

SANY0014.JPG

GWが近づいて参りまして、うちの息子が乗ってる小径車が遅いってんで、改造中です。

弱虫ペダルの影響で、「ロードみたいに速いの乗りたい」「車輪ちっちぇーからおせーっ!」なんてヌカすもんですから、
「小径がおせーだとっ?だったらロードぶっちぎれる小径作ってやんよっ!」って荒北バリに宣言してスタートです(笑)

元はキャプテンスタッグってホームセンターにも売ってる量産型のザクなんですが、シャア専用にしてあげますよ(笑)

「待ってろよっ!フクちゃんっ!」
comments(0) | trackbacks(0)

小径完成するのはいつの日か。。。

仕事始めて2日ですけども、体重いですねえ。。。

元のコンディションに戻るまでしばらくかかりそうです。

そういえば、年末にかっくいい小径車を作るんでお楽しみに〜なんて話した時あったんですけども、長男の自転車を修理したりだとか、古いスコットのマウンテンバイクをBMX化させたりしてたら予算が尽きてしまいまして、まだパーツが中途半端にしか集まってないんで、もうちょっと・・・5月のGWあたりか・・・年末か・・・にやります(笑)

BMX化させたスコットのチャリが気に入ってるんで・・・当面は・・・(笑)

フロンターレの試合がないとほんとチャリ乗らないんすけどねえ(笑)
comments(0) | trackbacks(0)