川崎消防設備社長日記

<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

9人替えても戦えた。そこが肝。

川崎フロンターレ、ワールドチャレンジ2019でチェルシーFCと対戦し、1-0と勝利しました。

 

日産スタジアムで6万も入ってましたけども、商売としてはなかなかいい商売でしたね(笑)

 

試合はというと、当然、シーズンに向けてチェルシーは始動したばかりですので、チームのコンディション、個人のコンディション共にまだスタート段階でしたけども、それでも、チェルシーとてチームの中での競争は始まっているわけで、まったくやる気がなかったわけでもないんでね、勝ったというのはすばらしい事だったと思います。

 

試合としてはなんとなく退屈な試合でしたけども、やはり守備の際のポジショニング、プレッシャーの受け方というのはJリーグでは味わえないものだったと思いますし、選手個々が思うところがあったでしょうから、これからさらに上を目指すためには重要な試合だったと思います。

 

重要な事は、あのクラスに迫力を出されても得点されなかったという事と、とかく9人も替えたんじゃチェルシーだって力出せんだろうと言われるけども、川崎だって9人替えてるわけで、それでも、チーム力が落ちなかったという事。

これは評価に値するもんだったんじゃないかなと思います。

 

5年前になるんですか?

ドルトムントと等々力でやって大敗しましたけども、やっぱりね、あの当時のドルトムントってめちゃくちゃ強かったですよ。

フンメルスなんか正面から見たらそんなでもないんですけども、横から見たら分厚いんですよね。体が。

ひと目見ただけで、こりゃ無理だわと(笑)

今回はちと遠かったんで厚みとかわかんなかったですけども、それでも、やっぱあの当時のドルトムントほどの迫力はなかったですね。

 

それでも選手個人個人は強かったと口を揃えてますので、いいお勉強にはなったんだろうなと思います。

 

ファン感も終わって来週にはまたリーグが始まりますが、FC東京戦、チェルシー戦がいいターニングポイントになったと後に言えるように、チームが上がっていけばいいなと思います。

 

頑張れ!川崎フロンターレ!

comments(0) | trackbacks(0)

内容も伴った勝利でさらに迫力を上げてほしい

川崎フロンターレ、アウエーでFC東京と対戦し、3-0と勝利しました。

 

まだまだ山はあるとは思いますが、大きな山は制したという事でしょうか。

 

ちょっと味スタのピッチが荒れてましてね、あきらかに東京に有利なピッチだったと思うんですけども、試合内容はというと、まさに圧勝。

 

前半の最初の方だけはすこし持たれましたが、川崎の守備の強さに徐々にやる事を削がれ続け、東京は何も出来なくなってしまいましたね。すばらしい守備。そして切り替え。

サッカー自体の質が現在、首位を走っている東京と比べても頭ひとつ抜けてる事を証明しました。

 

まさに叩きのめした感じです。

 

とはいえ、東京はもう川崎とはやらないわけですから、他のチームよりどうなのかは別問題なので、川崎は川崎でまずはホーム戦でしっかり勝っていく算段をつけなくてはなりませんね。

この間も書いたんですけども、アウェーではほぼ負けないと思いますので。

どこのチームだって、ホームゲームでゴール前に10人並んでシュートコース消すサッカーなんかしたくないんですよね。

でもそれぐらいしか川崎を止めた戦術がないのも確かなんで、川崎のホームゲームでは鹿島や横浜のようなスタイルを持ったチーム以外は相変わらずドン引きサッカーをしてくると思われます。

 

やっぱり、序盤に一度、迫力出して押し込むしかないですね。

1点取ってしまえば相手のゲームプランは崩れますし、攻めるのか、守るのかがルーズになると思うんで、まず先に1点取る事が重要です。

ではどうやって1点をとるのか。そこをしっかり意思統一してほしいですね。

前半はまだ相手も元気ですからゆっくり体力を削ってというのが今までですけども、相手が元気だろうともパススピードと判断スピードさえ相手を上回れば前半でも問題なく崩せると思うので、ロストした時の事を考え過ぎてる気もするので、そこはしっかりスカウティングをしながら、まず1点。

これが出来ないと3連覇は厳しいと思います。

 

なんにしてもACLはもうないわけなんで、国内3冠。

ここを全力でやってほしいなと思います。

 

この選手層ならやれるはず。

頑張れ!川崎フロンターレ!

comments(0) | trackbacks(0)

引き分け上等は難しい

日曜ですけども、川崎フロンターレ、ホーム等々力でサガン鳥栖と対戦し、0-0と引き分けました。

 

なかなかホームで勝てませんし、雨も苦手なままですね。

 

鳥栖は降格争いに絡んでますし、サッカーしないってんならそれはそれで仕方ないんですけども、この間、女子サッカーの話でもしましたけども、ゴール前あれだけ人が集まったら中々難しいですね。

 

そうならないようにするには、やはり早めに点を取って、相手が攻めなければ引き分けもない状況にするしかないんですよね。

 

なんだかパワーの掛け所が去年、一昨年よりうまくないなと思います。

 

最後の15分くらいは迫力あったんですけども、そこを凌がれるとなんのための75分だったのかよくわからない感じです。

 

前半からパワー掛ける時にはしっかり掛けないと、隙だけ狙って隙があるときだけってなると、なかなか相手も食いつかなくなってきてますよね。隙見せなきゃ仕掛けてこないんですから。

 

まあ、アウェーではほとんど負けないでしょうけども、それは相手に多少の色気があるからなんで、等々力ではどこも引き分け上等できますから、やっぱり、先にしっかり決めるしかないでしょうね。

 

なんぼなんでもこのホームの勝率で優勝は厳しいでしょうから。

 

形に関してはいいところも多々あるので決めるだけです。

 

頑張れ!川崎フロンターレ!

comments(0) | trackbacks(0)

選手激励会に参加してきました

20190608_2821727.jpg

 

20190608_2821729.jpg

 

昨日ですけども、スポンサー限定選手激励会がありまして、出席してきましたよ。

 

過去最高の人数が集まったと藁科社長がおっしゃってましたけども、ほんとにね、相馬さんが監督だった頃が懐かしいくらいにたくさんの方がいらっしゃってて、服装も昔はスーツが多かったですけども、ユニホーム姿の方が増えて、もはやファン感とあまり変わりない様相となりました。

 

シーズン中にもかかわらず、こういう機会を与えてくれるチームにはほんと感謝です。

 

これから厳しい季節となりますので、まあ、フロンターレは夏場は大の得意なんですけども、体調管理に気をつけて選手には頑張ってもらいたいなと思います。

 

僚太の挨拶が最高でした(笑)

 

頑張れ!川崎フロンターレ!

comments(0) | trackbacks(0)

真綿で首を絞め続けても

川崎フロンターレ、ホーム等々力で浦和レッズと対戦し、1-1と引き分けました。

 

最後のワンプレー前まではすばらしいサッカーをしておりましたが、最後の最後で失点し、勝てる試合を落としてしまいましたね。

 

昨日の浦和はサポーター共々、大変気合が入ってましたし、1点取った時点で時間をうまく使うというのは仕方ないのかなと思いますが、やはり、真綿で首を絞め続けても、しっかりトドメを刺さないとこういう事になってしまいます。

 

最近の川崎は大分戦もそうですけども、トドメを刺さずに凌ぎきる事に少し気持ちよさを感じていたんじゃないかなと思います。

川崎フロンターレとは本来、どういうチームなのか。

守備のチームなのか、攻撃のチームなのか。

相手より点を取って勝つチームなのか、相手に点を与えずに勝つチームなのか。

そこをもう一度確認してもらいたいですね。

 

こんな試合を追いついてしまうのが浦和で、こんな試合で追いつかれてしまうのが川崎。

それがACLの結果にも繋がっているのかもしれません。

 

ベンチワークで言えばですね、時間をもっとうまく使うには2枚替えはもったいなかったですね。

1枚づつ切っていれば、1分くらいは違ったかもしれません。

1分違えば最後のコーナーキックはなかったかもしれない。

 

そこまで突き詰めて次に進んでほしいと思います。

 

こういう試合を力に変えないともったいないので、しっかり力に変えて、圧倒的に強い川崎フロンターレを見せてほしいと思います。

 

頑張れ!川崎フロンターレ!

comments(0) | trackbacks(0)

二人で作り上げたチーム同士の戦い

川崎フロンターレ、ホーム等々力で名古屋グランパスと対戦し1-1で引き分けました。

 

お互いの良さを出し合った好ゲームで、勝てるチャンスはありましたが、不運も重なり、引き分けで仕方なしのゲームでしたね。

 

ダミアンが傷まなければ、あの時間帯は押し込めたと思いますし、傷んでからはうまく切り替えて凌ぎ切ったと思います。

 

よくですね、この両チームを風間監督が作り上げたと賞賛されるんですけども、それは大きな間違いだと思います。

風間さんは自分のサッカーに守備を結びつける術を正直知らなかったと思います。

川崎時代もそうですし、川崎が今の形を作り出すまでも名古屋の守備は酷かった。

 

単純にこの風間サッカーの守備は間違いなく鬼木監督が作り、風間さんはそれを取り入れたと思います。

 

ですので、鬼木さんも同時に賞賛されるべきですよね。

 

名古屋は川崎より上手さでは劣るんですけどもパワフルですね。

ACLは名古屋のほうが向いてるかもしれません。

 

川崎も予選さえ通過すればやれるんですけどねえ。

 

何はともあれ、憲剛も阿部ちゃんも車屋も帰ってきましたし、これからこれから。

 

頑張れ!

川崎フロンターレ!

 

 

 

comments(0) | trackbacks(0)

関さんのフォーマットがあってもいいじゃない。フロンターレだもの。

川崎フロンターレ、ホーム等々力でベガルタ仙台と対戦し、3-1と勝利しました。

 

ちょっと怪我人が続出してまして、中でも奈良ちゃんが全治4ヶ月の大怪我という事で今後を占う意味でも大事な試合だったと思いますが、攻撃に関してはすばらしい出来で快勝しましたね。

特にマナブと長谷川の両ワイドは生き生きしててなんだか関さんのフォーマットのような試合でした(笑)

 

鬼さんは歴代の監督の中でコーチとしてずっとやってきてますから、何も風間さんのフォーマットにだけこだわる必要はないですよ。

関さんの頃のフロンターレの速い速攻はすばらしかったですし、サイドがガンガン仕掛けるサッカーはやっぱ面白いんですよね。

 

さて、今節、先発デビューした脇坂とジェジエウですが、脇坂の方は紅白戦なんか見てても去年からチャンスをもらえないのが不思議なくらいクオリティーの高いプレーをしておりましたので、鬼さんが言うように、これくらいのパフォーマンスはできるだろうと思ってました。点を取る所に去年から力を入れてるみたいなので、やっぱりあの決定機は決めてほしかったですね。

けれども充分合格点です。

ジェジエウの方も、ブラジルの1部でプレーしていたCBですから対人やスピードといった個人の能力としては通用するのは解っていたわけですが、川崎のCBというのはそれだけでは試合に出れませんので、今回は無難にやってましたけども、彼もプレー集なんかでは縦にすばらしいパスを通せる選手なんで、これから連携を高めていくにつれ、そういうプレーもどんどんチャレンジしてほしいですね。

もちろん、及第点ですが、ポジショニングとマークで少し甘い所がありましたので今後に期待します。

なんせやってくれなきゃどうしようもないんですからね(笑)

 

それと悠についてなんですが、今シーズンは最初からトラップしてから打つまでを意識的に速くやってきていたと思うんですけども、結果が出るまではちょっと急ぎ過ぎかなと思ってましたが、ACLで結果出してからは速い中でもしっかり落ち着いて打てるようになってきましたね。

去年の後半は相手を見て外して決めるスタイルが読まれてきてましたので、いいチャレンジをしてるなと思っていました。

結果が出てくれば止まらない選手なんで今後が楽しみですね。

 

これでリーグ戦は4連勝。

ACLは崖っぷちですけどもようやくエンジンがあったまってきましたので期待したいですね。

勝利あるのみです。

 

頑張れ!

川崎フロンターレ!

 

 

 

comments(0) | trackbacks(0)

今季ホーム初勝利

川崎フロンターレ、ホーム等々力で湘南ベルマーレと対戦し、2-0と勝利しました。

 

僚太が帰ってきたので随分川崎のサッカーらしくなりましたね。

 

湘南は苦手なタイプでしたけども、これまでホームで対戦したチームと違ってしっかりとしたスタイルを持っていますので、そういう意味ではこれまでのチームよりはよほど戦いやすい相手でした。

 

ゴール前に10人並べて守りきるなんてやっぱクラブチームのやるサッカーじゃないんですよね。

湘南はやはり尊敬できるチームです。

 

さて、ホームでようやく今季初勝利となりましたのでこれからはしっかり勝っていきたいですね。

まだまだ怪我人が多いですけども、チャンスをもらった選手はしっかりチャレンジしてほしいと思います。

ノボリとかタツヤとか左が活性化すればほんとにバランスが良くなります。

 

とりあえずACL必勝!!

頑張れ!川崎フロンターレ!

comments(0) | trackbacks(0)

勝てるチャンスはあったけども・・・

川崎フロンターレ、ホーム等々力でセレッソ大阪と対戦し、1-1と引き分けました。

 

なかなか勝てませんねえ・・・

 

とにかくですね、この試合に関しては先に点をやらないってのがマストだったわけです。

セレッソは苦手なチームですし、ここんとこまったく勝ててないですからね。

 

そういう意味では前半に1点取られてしまった事。

これが全てを難しくしましたね。

むしろあれだけ引かれてよく1点返しましたよね。

そこは良かったと思います。

また、せっかく追いついたのだからひっくり返してほしかったですね。

 

そもそもセレッソは0-0でもいいと思って試合に入ってると思うんですけども、0-1とリードして、1-1に追いつかれてという流れの中で、追いつかれてからしばらくは追加点を取りに少し前掛りになったんですよね。

追いつかれたという心理が少しプランを狂わせたと思うんですが、その時間帯はほんとにチャンスでした。

実際、いくつかのチャンスを作れたんですけども、物にする事が出来ませんでした。

その辺が鹿島と比較すると物足りないのかなと感じます。

 

とはいえ、1点返してからの攻撃は去年を彷彿とさせましたし、悪くはないですね。

徐々にですけども良くなっています。

 

いい勝ち方を2回連続ですれば一気に乗っていくと思います。

なんせお調子者のチームなんで(笑)

 

次はACL。

これは結果が全てです。

内容云々で庇い立てしません。

 

頑張れ!川崎フロンターレ!

comments(0) | trackbacks(0)

今週試合なくてほんと良かったよ

川崎フロンターレ、ホーム等々力でガンバ大阪と対戦し、0-1と敗れました。

 

リーグ戦は0勝3分1敗、勝ち点は3点。

 

実質、1勝3敗と同じなわけですから、いかに出だしに不安があるチームとはいえ、完全なる失敗。

まだ1勝3敗なら1勝してますけども、いまだ勝利なしです。

 

今年は出だしからすごくいいサッカーしてましてですね、結果が出てない事には、あまり心配はしてなかったんですけども、昨日の試合はちょっと心配ですね。

 

もちろん、ACLの絡みがありますので最後のところを踏ん張れないゲームで落としてますけども、そんな事よりも、ゲームの内容自体が不安ですね。どんどん悪くなってるというか、相手に読まれてるというか。

 

厳しい事言うと、やっぱり碧だと思います。

彼のプレーは100か0。今のところ。

いい時もあれば酷い時もある。

それを繰り返してると安全な策に甘んじるといいますか、挑戦しなくなる。結果、彼のプレーは読まれている。

昨日はそんな感じでしたね。

もちろん、僚太だって20歳位の時は碧のように軽いプレーをしてましたので、ゲームで辛抱強く使うってのは大事なんですけども、チームがうまくいってる時はいいんですけども、今のようにうまくいってない時に、簡単にパスカットされるとガッカリ感が出ちゃうんですよね。

相手にも伝わっちゃう。自分たちの守備に自信が出ちゃうんですね。

 

僚太が戻ってくれば心配ないですけども、いない間にいかにゲームにするかってのはとても難しいですね。

家長や憲剛が降りてきて作ってますけども、そうすると前が揃うまで時間掛かってしまいますしね。

北斗と守田が一番いいですかね。

未来のために試していくってのはそれなりのスタートを切れたチームがやる事で、スクランブルな今にやる事じゃないですね。

 

試すっていうのなら、マギーニョを辛抱して使ったほうがいいと思いますけど。

ラルフも頑張ってますけども、まだまだ畑違いから来たばかりですし、ここに未来を見出すのはちょっとどうなのかなと。

結局、行く、行かないは専門の人が抜けていると思うので、そこを馴染ませる努力はしていいのかなと思います。

 

なんにしても代表戦のため、今週はゲームがありませんので、この間にもう一度整理し直して、松本戦では見違えるプレーを見せてもらいたいですね。

松本戦落とすようだともう優勝はないでしょう。

それぐらいの危機感でやってほしいと思います。

 

頑張れ!川崎フロンターレ!

 

comments(0) | trackbacks(0)