川崎消防設備社長日記

<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

等々力からの引退

ひとまず、今シーズン終了しましたね。

 

これからオフシーズンは別れと出会い、退団していく人もあれば、入団してくる人もいて、これはこれで興味の沸く話題ですけども、とりあえずそれはある程度確定が出たところでするとして、今回はサポートカンパニーの仕組みが少し変わった事について話したいと思います。

 

今年のシーズンが終わるまではですね、サポートカンパニーで契約すると、契約料の中でですね、少なくとも2枚、いわゆる企業チケットといいますか、サポートする代わりに、フロンターレのチケットをお使いくださいというような意味合いで、チケットがもらえたんですけども、来シーズンからはですね、サポートカンパニーとしての契約とは別に、チケットはチケットで買ってくださいよというシステムに変わりました。

 

というのもですね、現状25,000ちょぼのキャパの等々力ですけども、毎回チケットは完売してるのに入場者数は23,000程でしたよね。

これは企業に割り当てられたチケットが有効に使われていないって事でして、チケットが買えないと嘆いている人が多数いる一方で、付録のようにもらった企業チケットはほしい人に渡っていないという状況があったわけです。

 

弊社もサポートカンパニーをやっておりますが、基本的にはお客様、弊社内で有効に使わせて頂いていたわけなんですが、来年からはチケット割り当てなしのサポートカンパニーとして続ける事にしました。

 

元々ですね、等々力に足を運んでおりましたのは、当初ですよ、当初はほんとに人が集まらなくてですね、これは現場で3,4人分声出さないと厳しいなって感じで、応援に行ってたんですが、なんだかんだずるずると今まで続いてしまいまして、フロンターレもほんとに人気チームとなりましてね、あのガラガラだった等々力が今や毎試合20,000人は超えるのは当たり前。

シーズンチケットでもいい席取ろうと思うと朝6時起きですもんね。

 

武蔵小杉も賑やかになって、もう新しい人達に等々力は譲ろうと、まあそういうわけで等々力で観戦するのは引退する事にしました。

でもですね、サッカーの醍醐味ってのはやっぱスタジアムで観戦してこそのもんなんですよ。

だから、来年はうちのようにチケットを手放した企業さんもいくらかいると思いますし、今年なかなか等々力に行けなかった人でも行けるかもしれませんのでね、ぜひ、川崎フロンターレを等々力で応援していただければなと思います。

 

うちの息子達ももう大学に行く程の歳になりましたけども、そういうチケットがね、小学生、中学生の子供さんのいる家族に割り当てられたらいいですね。

ラグビーもそうですけども、フェアプレーを守りながら必死に闘う勇者を目の前で見せるってのはほんとにいい教育だと思いますのでね。

 

私はDAZNに切り替えます(笑)

 

サポートカンパニーは続けますので、来年も川崎消防設備は川崎フロンターレを応援しています。

comments(0) | trackbacks(0)

もうひとつうまくならないと難しいね

川崎フロンターレ、ホーム等々力で横浜Fマリノスと対戦し、1-4と敗れました。

 

完敗でしたね。

 

やはり優勝がかかっているチームと、優勝の可能性が前節でなくなってしまったチームではモチベーションの違いが顕著で、好き放題にやられてしまいましたね。

 

川崎の時代も終わった・・・なんて声もチラホラ聞こえてきますけども、単純に、今年はやはりパススピードが上がらなかったですね。止めて蹴るはJリーグではダントツでうまいんですけども、早いパスをしっかり止めて、また早いパスを蹴るってところが、今年は進化がなかったのかなと思います。

昨年、一昨年の試合を見比べても、今年はやはりパススピードが遅かったと思います。

遅いパスを何本通しても、やっぱ迫力はでないんですよね。早いパスを早い判断で出して連動していくからこそ迫力が出るんでね。

 

まだ札幌戦が残ってますけども、来季はしっかり基礎練習に時間を使ってほしいですね。

 

ACLもありませんし。

 

若い活きのいいのが入ってきますから、しっかり競争して少なくともね、Jリーグで一番点を取れるチームに返り咲いてほしいと思います。

 

頑張れ!川崎フロンターレ!

comments(0) | trackbacks(0)

勝つ事が来年に繋がっていくんだろう

川崎フロンターレ、ホーム等々力でサンフレッチェ広島と戦い、2-1と勝利しました。

 

ルヴァン杯の激闘もあり、出場停止の選手も多くいましたので、内容的には酷いもんでしたけども、とにかく勝利したことは評価したいですね。

 

憲剛先生や僚太が傷んだっぽいですけども、それは心配ですね。

アキが出場停止、憲剛、僚太がいなくなって、預けどころがなくなり、守るのが精一杯って感じでしたもんね。

 

これからを考えると、僚太がもしダメだとすると預けどころがアキだけになってしまうので、そうすると、悠よりダミアンという選択肢になるんですかね。知念にもチャンスはあるかもしれません。

 

ノボリはさすがに1回は休ませたいですね。

ルヴァン120分で足、引きずりまくってたのに、この試合はよくやったと思います。

マギちゃんは不安定すぎますけども(笑)、もう1回、彼の強運を信じましょう(笑)

 

何といっても次節の中2日、浦和戦。

怪我人も多く、中々やりくりが難しいですけども、マナブやジェジエウ、奈良ちゃんは長い怪我から帰ってきましたので、その辺にチームを救ってほしいですね。特に昨日のマナブは気迫を感じましたよ。

脇坂なんかにもこういうにじみ出る気迫みたいなもんがほしいですね。

 

残り4試合。

優勝はなかなか難しいですけども、なんとかACL雪辱ためにも3位目指して頑張ってほしいですね。

そういうのが来年に繋がっていくんだと思います。

 

頑張れ!川崎フロンターレ!

 

comments(0) | trackbacks(0)

章太、ナイストライ!!!

20191027_2894209.jpg

 

川崎フロンターレ、ルヴァン杯決勝をコンサドーレ札幌と戦い、3-3の末、PK5-4で優勝しました。

 

選手、クラブ関係者、サポーターの皆様、おめでとうございます。

 

遂に、遂に、遂に、遂に、遂に、ルヴァン杯を掲げる事が出来ましたね。

 

私は午前中、仕事だったもんですから、現地へはいけなかったんですけども、ラゾーナ川崎でPM20時30分頃から行われた優勝報告会には行ってきました。急なお知らせであったにも関わらず、たくさんのサポーター、市民が優勝を喜んでいましたね。

 

そりゃあそうですよ。

ラグビー日本代表の試合に負けず劣らずの死闘だったんですから。

 

久しぶりに勝った瞬間に涙が溢れましたね。ほんとにすばらしいゲームでした。

 

技術的なところでいえばですよ、そりゃあいくらもやれる事はあったし、まだまだ足りない部分もありましたよ。

 

けどそんな事はどうでもいいんです。

 

魂が見えれば心が動く。

そういう事なんです。

 

こういう試合をやれるのがフロンターレであり、コンサドーレなんですよね。

 

感動しました。

 

そういえばラゾーナの報告会が終わって、駐車場から車を出した時に、たまたまフロンターレの選手がバスに乗り込むために出てきた所だったんですけども、偶然、MVP男、章太と目が会って、私がフロンターレのユニホームを着てたからだと思いますが、会釈してくれました。

 

苦労人で人柄もいい章太がいい仕事をしてくれました。

 

ほんとにうれしかったです。

 

ナイストライ!!!新井章太!!!

comments(0) | trackbacks(0)

こういう試合を7月くらいに見たかった

川崎フロンターレ、アウェーで湘南ベルマーレと対戦し、5-0と勝利しました。

 

もう、これからはこういう試合を何試合観せてくれるかですよね。

 

縦に付ける意識と裏を取る意識がしっかりあるゲームだったと思います。

 

頑張れ!川崎フロンターレ!

comments(0) | trackbacks(0)

最高の試合を袖にして、最低の試合を見る悔しさ

川崎フロンターレ、ホーム等々力でヴィッセル神戸と対戦し、1-2と敗れました。

 

まあ、今シーズンの優勝は無くなりましたね。

 

勝ち点差がどうこうではないんですよ。

 

姿勢の問題です。

 

とても負けられない試合を戦っている選手と思えなかったですね。

 

今日、等々力に足を運んだフロンターレサポーターはみんなこう思ったでしょう。

 

「こんなんだったら家でおとなしくラグビー観とくんだった」って。

 

最高の試合、袖にして、あんなラスト5分しか闘志を感じない試合見せられたんじゃあね。

 

ほんと、今日ほどガッカリした日は久しぶりです。

 

 

comments(0) | trackbacks(0)

バラバラにならずにバラバラを歌う

川崎フロンターレ、ホーム等々力でジュビロ磐田と対戦し、2-0と勝利しました。

 

首位、東京が鹿島に破れたため、首位との勝ち点差は8。

現実的に厳しいのは変わりませんが、とりあえず、首の皮1枚は繋がってます。

一昨年もそうだったので、諦める必要はないですね。

 

さてさて内容ですが、前半はとてもよかったと思います。

特に北斗がよかったですね。

縦にビシビシ付けてまして、ゲームにテンポが出ましたね。

ここ何試合かのフロンターレは、勝つためのサッカーをしてますね。

そういう意味ではカップ戦が間に入ったのは今のフロンターレにはよかったかもしれません。

負けないサッカーがずっと続いていたのでちょっと心配してましたが、これからは負けられない戦いではなく、勝たなければならない戦いになってますのでね、勝つためのサッカーをしなくてはいけません。

ポゼッションに拘る事無く、素早く攻めるときは攻める。しっかりフィニッシュまで行く回数を増やしていく。

しっかり先に点を取って守ってても勝ても引き分けも出来ない状態になるべく早い時間帯で持っていければ、点にはならなかったですけどもいいカウンターもありましたので、ゲームを決める得点を取れると思いますね。

 

この試合だけを見ていますと、車屋先生のコンディションがようやく上がってきたように感じましたんで、もうちょっと左からの攻撃を使ってほしいなと思いますね。車屋先生のクロスから悠のシュートまでの流れはすごくよかったですね。

あのスピード感であれだけの精度のパスで繋げばやはりどのチームを相手にしてもチャンスは作れますよ。

 

これから涼しくなってきますのでね、前からハメる守備も体力的にはやりやすくなりますんで、1戦1戦、カップ戦のつもりで勝ちに拘ってほしいですね。

 

 

頑張れ!川崎フロンターレ!

comments(0) | trackbacks(0)

まじめかっ!

川崎フロンターレ、ホーム等々力で松本山雅FCと対戦し、0-0と引き分けました。

 

厳しい日程だったとはいえ、久しぶりにクソゲームを見た気分です。

 

負ける感じはしなかったんですけども、負けててもまあ仕方ないというゲームでしたね。

試合は終始、松本のゲームでした。

残り15分から仕掛けましたけども、今年のフロンターレはここからのエンジンが弱いですね。

だから引き分けが多いし、去年一昨年は、残り15分で間に合ったんですけどね。

 

特にこの試合のような展開だと、去年まではエウソンがいましたからね。

ほんとうにただタスクを消化してるだけのような展開で、誰がルールを犯すわけでもなく、淡々と教科書どおりに右から左にボールを動かして、リスクを冒して勝負するような事もなく、試合が終わった途端にたくさんの方が席をたったのもわかる試合内容でした。

 

ほんとに試合の途中で「まじめかっ!」って突っ込みたくなりましたよ(笑)

 

エウソンのように適当にルール破っていつの間にかゴール前にいたり、ぽつんとサイド残ってみたり、そういう気の利いたプレーする選手がほしいですね。

教科書どおりに守った相手を教科書どおりに攻めて何も出来ない。

ほんと悲しい試合でしたよ。

 

一方、松本山雅FCにとっては大変特別な日に試合が組まれていましてね、故・松田直樹選手の命日だったんですけども、ほんとに気持ちの入ったプレーをしてましたね。

川崎の選手は最近はあまり球際に負けないんですけども、この試合は尽く球際で負けましたね。

松田直樹選手が入って12人いると思うくらい、守備は頑張ったなと思います。

闘志が伝わったのか、セカンドボールも尽く松本が拾ってましたしね。

ただね、「雷鳥は頂きを目指す」という横断幕を掲げるなら、もっとスタイルのあるサッカーをしたほうがいいとは思いますね。

まあ、今の状況的に仕方ないのかもしれないですけども。

 

さてさて、東京とは6差と開いてしまいましたが、鹿島と横浜が落としましたので棚ぼたで2位と順位的には上がりました。

ホームでこれだけ勝てないとちと厳しいかしれませんが、夏場は強いフロンターレ。

これからもう一度多得点のバカゲームをやって勢いをつけたいものです。

 

東京のアウェー8連戦は8月下旬から。

そこまでしっかりついていけば相当なプレッシャーとなるはずです。

 

頑張れ!川崎フロンターレ!

comments(0) | trackbacks(0)

しっかり切り替えていきましょう

川崎フロンターレ、アウェーでサンフレッチェ広島と対戦し2-3と敗れました。

 

リーグでは今季2敗目ですね。

 

例年、夏を得意としているフロンターレですが、さすがに相手が1週間、こっちが中3日ではなかなか厳しかったですね。

今年の暑さは湿度も伴ってちょっと半端ないです。

特にDFの2人はずっと出ずっぱりですからやっぱ重たかったですかね。

まあ、前節からだとまあまあな人数入れ替えて臨んだんですけども、結果的には疲れが出ている箇所がかなり重要な箇所でしたので、流れの中からならボランチ、前線の頑張りで防げるものが、セットプレーだと厳しかったですね。

 

とはいえ、3-0完敗ムードだったものがあれよあれよと「これはもしかしてっ!」っところまでいけたのはさすがです。

しかも2点ともにすばらしい得点でしたんでね、あまり悲観する事もないと思います。

 

次はホームですし、この間作ったいい流れを今回も作って、ホームでは負けないフロンターレをしっかり確立しましょう。

 

頑張れ!川崎フロンターレ!

comments(0) | trackbacks(0)

大分は他を食ってくれる力あるね

川崎フロンターレ、ホーム等々力で大分トリニータと対戦し、3-1と勝利しました。

 

前半は前線からのプレスがうまくハマらずに、相手のサイド攻撃に手を焼きましたが、今年のフロンターレは入りが悪くともうまく修正してしっかりゲームに出来ますよね。

 

そういう所が負けてないところに繋がっていると思いますし、攻撃は時間が掛かりましたけどもようやくパスワークで崩せるようになってきましたね。

 

大分に触れておくと、川崎で長い間プレーしてくれた高木選手がとても良くてですね、足元が上手くてフィールドプレイヤーのように躍動しておりました。

チームとしても、自分達のスタイルを貫いてラインを上げてしっかりゲームを作ってましたし、これは降格うんぬんのチームではないですね。

近い将来、上位に来るチームだなと感じました。

いいチームです。

 

さて、2ヶ月ぶりにホームで勝ちましたのでね、これからはほんとに負けられない、しばらくは勝たなければいけない試合が続きますので、しっかりコンディション見極めをしていただいてですね、もう誰が出ても大丈夫なはずですので、ぜひ、国内三冠狙いましょう。

 

頑張れ!川崎フロンターレ!

 

あ、阿部ちゃんシュートうますぎっ!

comments(0) | trackbacks(0)