川崎消防設備社長日記

<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

大分は重症ですね。

川崎フロンターレ、ホーム等々力で大分トリニータと対戦し、2-0と勝利しました。

 

早い段階で2点差つきましたし、大分がほんとに酷いサッカーしてまして、ちょっとどういうプランだったのかわかりませんが、ディフェンスラインからまったくボールが出てきませんでしたので、かなり省エネな試合だったのかなと思います。

通常、試合を決めるために3点目を、と鬼木さんも言ってるんだと思うんですけども、2点目で選手はもう試合が決まったと思ったんでしょうね。それぐらい、大分は何がしたいのかわかりませんでした。

 

激しいプレッシングをしたわけでもありませんし、攻撃にすごくエネルギーを使ったわけでもなく、相手が負けるために試合した感じでしょうか。

ちょっと自分が大分のサポーターだったら応援する気もなくなるような試合だったのかなと思います。

 

結果としてはこれでアキと視来を休められましたし、ジオゴも90分使えましたから、ポジティブな試合だったと思います。

 

次のルヴァン杯、名古屋戦が手を抜けなくなりましたので、出たメンバーには活躍を期待したいと思います。

アキが出て、僚太が引っ込む感じでしょうか。

 

僚太のヒールパスにはアガったなあ(笑)

碧が決めてればあれでしばらく飯食えたのに(笑)

 

頑張れ!川崎フロンターレ!

comments(0) | -

旗手、落ち着けっ!

川崎フロンターレ、アウェーでルヴァンカップ予選を鹿島アントラーズと戦い、3-2と勝利しました。

 

リーグ戦からは何枚か選手を変えましたけども、山村以外はそれほど目新しい選手は使われませんでしたね。

 

学、怪我してるのかな?

 

旗手が得点しましてね、これでようやく落ち着いて打てるようになるんですかね。

ものすごく力んでますし、力む事でワンテンポ打つのが遅くなってまして、見ててほんとイライラしてました(笑)

 

後は大聖ですね。

彼は1点取れば変わると思いますよ。

この間の碧への落としも気が効いてましたしね。

 

次はリーグ戦、ホーム大分戦。

ここも問題なく勝って前に進みましょう。

 

頑張れ!川崎フロンターレ!

comments(0) | -

勝ちに徹したいいゲームでした

川崎フロンターレ、アウェーでガンバ大阪と対戦し、1-0と勝利しました。

 

これで再開後、7連勝となります。

 

2位、ガンバ大阪との対戦ですのでね、勝利こそが100点の試合だったわけですが、なんとか勝つ事が出来ましたので、100点という試合になります。

 

成功体験の差といいますか。

以前はガンバ大阪の方にここ一番での成功体験が多く、川崎に乏しいという状況でしたので、こういう試合にはことごとく負け、引き分けを繰り返していたわけですが、この3年で成功体験の差は逆転し、それが結果にも現れたのかなと思います。

 

勝ちに徹したいいゲームだったと思います。

 

勝ちに徹してしっかり勝ったからこそ、この後の大分戦、札幌戦は大事になります。

ぜひ勝って、セレッソ戦にいきたいですね。

 

その前にルヴァンカップの予選がありますが、ゲームに出ていない選手をなるべく試してほしいですね。

勝っているとはいえ、ゲーム内容としては少しずつ動けなくなってきていますので、新しい力の台頭に期待します。

 

頑張れ!川崎フロンターレ!

comments(0) | -

存在が仕事する事もある

川崎フロンターレ、ホーム等々力で湘南ベルマーレと対戦し、3-1と勝利しました。

 

ちょっと等々力の芝の状態が悪くて驚きましたけども、長雨の影響なのか、コロナ関連でお金の問題なのか、久しぶりに酷い等々力見たなと。試合前まず驚きました(笑)

 

さて、試合ですけども、前半からボールを完全支配して攻めましたけども、相変わらずあのゴール前に人だらけディフェンスを崩すのは難しいですね。パチンコのように誰かしらに当たって跳ね返るみたいな(笑)

それに悠を始め、他の選手もこの試合はシュートが当たらなかったですね。シュートは打ちましたけども、枠に行かなかったり当たらず弱かったりで。

かなり疲れが蓄積されてきているのかなと。

 

点を取るにはカウンターしかないなと思っておりましたが、果たしてカウンターの機会があるのかなと。

それぐらい押し込んでいましたが結果的に1点、ポカンと取られてしまって、「うあ、こうなっちゃったら穴熊だわなあ・・・」と覚悟していましたら、なんと湘南が色気出して攻めだしたではありませんか。

 

昨年までの湘南なら負けか引き分け。

そんな感じの試合展開でしたが、きっちり3点取って逆転しました。

 

今日はですね、3点目にフォーカスしたいと思いますが、ダミアンが後半、悠の替りに出てきて、あんまり仕事出来なかったような印象ですけどもね、碧が抜け出した時に相手のディフェンスが2人いたんですけども、2人とも、ボールホルダーである碧にチェイスにいかずに、ダミアンへのパスコースとダミアン自体のカバーに動いてしまったんですね。

そのおかげで碧は完全にどフリーになって点を決めてます。

これはですね、やっぱり疲れているところに世界規格のFWが入った結果だったと思うんですね。

それなので、悠が後半からとかダミアンが後半からとか、どっちにしたって効果があるんですよ。

 

疲れを見ながらどっちが先発でどっちがジョーカーになっても大丈夫だと思います。

 

苦しい試合でしたがナイスゲームでした。

 

さて、いよいよ関西勢との対戦が始まりますね。

次のガンバ戦は最初の試練という事になります。

 

頑張れ!川崎フロンターレ!

comments(0) | -

視来の一撃は美しかったなあ

川崎フロンターレ、アウェーでベガルタ仙台と対戦し、3-2と勝利しました。

これで再開後、5連勝です。

 

前半から悪くはなかったんですけども、なんとなく停滞気味で、取られる気配はなかったんですけども、2点取られてしまいました。

1点取られた事で、仙台のゲームプラン通りに進んでしまった印象ですね。

運悪くこういう展開になってしまうことはあるものです。

出来としては決して悪くはなかったと思います。まあ、疲れもあって良くもなかったわけですが(笑)

しいて言えば、大きくサイドを変えるボールが精度を欠いた事くらいですかね。

あれがもう少ししっかり収まっていれば、例え点にならなくてもだいぶ楽だったのかなと思います。

 

後半頭から悠と旗手を投入し、停滞していたゲームが一気に動き始めましたね。

タツヤの怪我で先に投入されていた三笘もしっかり個性を出して迫力を出しました。

 

圧巻だったのは2点目のプレーですね。視来のすばらしいインターセプトから明らかにそれまでのゲームのスピードからひとつ上のスピードでゴール前に入っていき、ワン・ツーでフィニッシュまで。

すごく美しいゴールだったと思います。

あの時点ではまだ同点だったんですけども、「これは勝てる」とほとんどの人が思ったんではないでしょうか。

それぐらい、個人としての質の差を相手に見せつけた一撃だったと思います。

 

さてさて、今回、タツヤが怪我をしてしまったみたいですけども、他のチームもね、今節は怪我人が結構出たみたいで、さすがにこれだけ連戦だと元々のコンディションが万全でないところから始まってますから、そこをケアしながら戦うしかないわけですが、負けていい試合ってのはないわけで、どれだけの人数を入れ替えていくのかってのは中々に頭の痛い問題です。

 

今節もですね、鬼木さん的には、ある程度疲れている選手を把握しつつ、同じメンバーでスタートして、流れを見つつ交代していくという感じでいたと思うんですけども、選手層が薄いチームではないんでね、それなりに試しながら使ってもいいと思うんですよ。

練習の段階ではそれなりに差があるのかもしれませんが、ゲームで頑張る選手もいるでしょうから。

誰が出ても負けないと言われてますが、まだその域にある証拠は見せていないと思いますので、まだ試合にあまり出ていない選手もどんどん試してほしいと思います。

それがリーグ終盤に生きてくると思いますのでね。

 

次節はホームで湘南戦。

 

頑張れ!川崎フロンターレ!

comments(0) | -

とりあえずパススピードはいいとこ来てる

川崎フロンターレ、ホーム等々力で柏レイソルと対戦し3-1と勝利しました。

 

中3日、中2日という連戦で、一部選手を入れ替えて挑みましたけども、今年はとりあえずパススピードがいいですね。

しっかりと速いボールを蹴れてますし、しっかりトラップも出来ています。

 

けどもまだまだスペースへのパスやゲーム中の全体の緩急という意味では物足りない。

 

下田や山根はさすが湘南で鍛えられてるだけあって出して受けるは徹底して身についてますね。

脇坂もその辺は抜かりないですから、守田と車屋先生がね、もう少し積極的にやってくれると全体的にムラがないのかなと。

まあ、その分、2人はバランスを見る能力は申し分ないですからね。

バランスを見ながら、バランスを崩してもいいタイミングを探ってほしいと思いますね。

 

さてさて、とりあえず再開後3連勝と最高のスタートは切りましたけども、ジェジエウの負傷の度合いが気になりますし、左の底からゲームを作ってしまうノボリプロデューサーの過労。

山根の控え問題など、それなりに抱えていますので、ひとまずは怪我人を抑えていきたいですね。

憲剛、悠は近いうちに戻ってくると思うので、全員余すとこなく試してほしいと思います。

 

とりあえず、旗手はまだトラップの技術が平均点までいってない印象ですね。

若いんだから、アキの替りに出た時に、アキとは違うアグレッシブさを出してほしいものです。

 

関東シリーズ全勝へ。

頑張れ!川崎フロンターレ!

comments(0) | -

連戦が続けば短時間で完成すると思う

川崎フロンターレ、アウェーでFC東京と対戦し、4-0と快勝しました。

 

前半いい時間帯にポンと僚太のゴラッソ炸裂し、前半だけで4-0。

後半も3つほど決定的なシーンがありましたが、追加点とはならず、4-0で終了しました。

 

再開初戦の鹿島戦はかなりの強風で大きな展開を封印してましたので苦戦しましたが、非常にバランスよく攻めましたね。

まだまだどのチームもコンディション的には今ひとつですが、川崎は連戦の中で確実に良くなるチームですのでね、過密になった日程はうまくローテーションさえ出来れば好都合です。

 

次節柏戦はさすがに同じメンバーでというわけにもいかないでしょうが、後半から出てきたメンバーもやる気が満ちて迫力ありましたから、少し長い時間をあげてもいいと思いますね。

 

関東シリーズ全勝といきましょう!

頑張れ!川崎フロンターレ!

 

comments(0) | -

何はともあれ、始まってよかった

川崎フロンターレ、ホーム等々力で鹿島アントラーズと戦い、2-1と勝利しました。

 

ちょっと画面では伝わりにくかったかもしれませんが、川崎は大変な強風が吹き荒れてまして、これまでですね、強風下の等々力でフロンターレがいいサッカーして勝ったなんてのは皆無に近いんじゃないかというほどですので、まあ、勝った事は良かったなと思います。

 

他の試合もちょろちょろと見てたんですけども、東のチームより西のチームのほうが仕上がってる感じしますね。

あくまでもコンディションだけですけども。

最近の感染者の増加数なんかを見ると、練習においては東のチームは不利な気がしますね。

相当、神経質に管理しないと、チーム内でも感染者が出そうな勢いですし、そうなると、コンタクトのある練習がかなり不足してきますよね。

これはなかなかに難しい問題です。

 

スポーツがある日常がいかにすばらしいものであったのかを思い知る1年になりそうです。

 

何はともあれ、始まってよかった。

 

頑張れ!川崎フロンターレ!

comments(0) | -

橘田健人とは何者だっ!

川崎フロンターレが来年の内定で、橘田健人選手の加入を発表しましたね。

 

限られたプレー集を見る限りでは、ボランチの選手なんですかね。

 

ドリブルしてる時はタツヤっぽい感じもしますし、ビルドアップしてる時は僚太っぽい感じもします。

 

今、確実に言える事はハムスターズ確定って事でしょうか(笑)

 

ハムスター好きやなあ。フロンターレ(笑)

comments(0) | -

いったいなんだったんだ7days

遂に新型コロナウイルスの影響でJリーグも3月15日までのカードが延期になったんですってね・・・

 

しかしオリンピック中止とか叫んでる人って、夏にインフルエンザにかかった事あるのかなあ・・・

 

俺はないっ!

 

季節関係なく猛威をふるうウィルスならそりゃ画期的な新型ですな。

ぜったいあと数ヶ月もすれば、いったいなんだったんだ7days的な事になると思うんですが。

 

ま、今は大変な時期ですので、皆様も充分お気を付けください。

 

しかし電車の中の咳払いひとつ許されない雰囲気どうにかなんないですかね。

この間、うちのじいさんの葬式でもそうだったんですが、笑ってはいけないと言われるとちょっとした坊主のしぐささえ耐え難いほど面白いし、咳払い出来ないとなると、無性に喉の辺りがいがらっぽい感じしますよねえ(笑)

 

プレッシャーに弱いんでしょうね。きっと私が。

comments(0) | -