川崎消防設備社長日記

<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 防火設備定期検査制度が本格運用になりますよ | main | 選手激励会に参加してきました >>

真綿で首を絞め続けても

川崎フロンターレ、ホーム等々力で浦和レッズと対戦し、1-1と引き分けました。

 

最後のワンプレー前まではすばらしいサッカーをしておりましたが、最後の最後で失点し、勝てる試合を落としてしまいましたね。

 

昨日の浦和はサポーター共々、大変気合が入ってましたし、1点取った時点で時間をうまく使うというのは仕方ないのかなと思いますが、やはり、真綿で首を絞め続けても、しっかりトドメを刺さないとこういう事になってしまいます。

 

最近の川崎は大分戦もそうですけども、トドメを刺さずに凌ぎきる事に少し気持ちよさを感じていたんじゃないかなと思います。

川崎フロンターレとは本来、どういうチームなのか。

守備のチームなのか、攻撃のチームなのか。

相手より点を取って勝つチームなのか、相手に点を与えずに勝つチームなのか。

そこをもう一度確認してもらいたいですね。

 

こんな試合を追いついてしまうのが浦和で、こんな試合で追いつかれてしまうのが川崎。

それがACLの結果にも繋がっているのかもしれません。

 

ベンチワークで言えばですね、時間をもっとうまく使うには2枚替えはもったいなかったですね。

1枚づつ切っていれば、1分くらいは違ったかもしれません。

1分違えば最後のコーナーキックはなかったかもしれない。

 

そこまで突き詰めて次に進んでほしいと思います。

 

こういう試合を力に変えないともったいないので、しっかり力に変えて、圧倒的に強い川崎フロンターレを見せてほしいと思います。

 

頑張れ!川崎フロンターレ!

comments(0) | trackbacks(0)

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.kawasakishoubou.com/trackback/1496
この記事に対するトラックバック