川崎消防設備社長日記

<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 引き分け上等は難しい | main | 9人替えても戦えた。そこが肝。 >>

内容も伴った勝利でさらに迫力を上げてほしい

川崎フロンターレ、アウエーでFC東京と対戦し、3-0と勝利しました。

 

まだまだ山はあるとは思いますが、大きな山は制したという事でしょうか。

 

ちょっと味スタのピッチが荒れてましてね、あきらかに東京に有利なピッチだったと思うんですけども、試合内容はというと、まさに圧勝。

 

前半の最初の方だけはすこし持たれましたが、川崎の守備の強さに徐々にやる事を削がれ続け、東京は何も出来なくなってしまいましたね。すばらしい守備。そして切り替え。

サッカー自体の質が現在、首位を走っている東京と比べても頭ひとつ抜けてる事を証明しました。

 

まさに叩きのめした感じです。

 

とはいえ、東京はもう川崎とはやらないわけですから、他のチームよりどうなのかは別問題なので、川崎は川崎でまずはホーム戦でしっかり勝っていく算段をつけなくてはなりませんね。

この間も書いたんですけども、アウェーではほぼ負けないと思いますので。

どこのチームだって、ホームゲームでゴール前に10人並んでシュートコース消すサッカーなんかしたくないんですよね。

でもそれぐらいしか川崎を止めた戦術がないのも確かなんで、川崎のホームゲームでは鹿島や横浜のようなスタイルを持ったチーム以外は相変わらずドン引きサッカーをしてくると思われます。

 

やっぱり、序盤に一度、迫力出して押し込むしかないですね。

1点取ってしまえば相手のゲームプランは崩れますし、攻めるのか、守るのかがルーズになると思うんで、まず先に1点取る事が重要です。

ではどうやって1点をとるのか。そこをしっかり意思統一してほしいですね。

前半はまだ相手も元気ですからゆっくり体力を削ってというのが今までですけども、相手が元気だろうともパススピードと判断スピードさえ相手を上回れば前半でも問題なく崩せると思うので、ロストした時の事を考え過ぎてる気もするので、そこはしっかりスカウティングをしながら、まず1点。

これが出来ないと3連覇は厳しいと思います。

 

なんにしてもACLはもうないわけなんで、国内3冠。

ここを全力でやってほしいなと思います。

 

この選手層ならやれるはず。

頑張れ!川崎フロンターレ!

comments(0) | trackbacks(0)

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
この記事に対するトラックバック