川崎消防設備社長日記

<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< しっかり切り替えていきましょう | main | 面白い試合が観たい。ただそれだけ。 >>

まじめかっ!

川崎フロンターレ、ホーム等々力で松本山雅FCと対戦し、0-0と引き分けました。

 

厳しい日程だったとはいえ、久しぶりにクソゲームを見た気分です。

 

負ける感じはしなかったんですけども、負けててもまあ仕方ないというゲームでしたね。

試合は終始、松本のゲームでした。

残り15分から仕掛けましたけども、今年のフロンターレはここからのエンジンが弱いですね。

だから引き分けが多いし、去年一昨年は、残り15分で間に合ったんですけどね。

 

特にこの試合のような展開だと、去年まではエウソンがいましたからね。

ほんとうにただタスクを消化してるだけのような展開で、誰がルールを犯すわけでもなく、淡々と教科書どおりに右から左にボールを動かして、リスクを冒して勝負するような事もなく、試合が終わった途端にたくさんの方が席をたったのもわかる試合内容でした。

 

ほんとに試合の途中で「まじめかっ!」って突っ込みたくなりましたよ(笑)

 

エウソンのように適当にルール破っていつの間にかゴール前にいたり、ぽつんとサイド残ってみたり、そういう気の利いたプレーする選手がほしいですね。

教科書どおりに守った相手を教科書どおりに攻めて何も出来ない。

ほんと悲しい試合でしたよ。

 

一方、松本山雅FCにとっては大変特別な日に試合が組まれていましてね、故・松田直樹選手の命日だったんですけども、ほんとに気持ちの入ったプレーをしてましたね。

川崎の選手は最近はあまり球際に負けないんですけども、この試合は尽く球際で負けましたね。

松田直樹選手が入って12人いると思うくらい、守備は頑張ったなと思います。

闘志が伝わったのか、セカンドボールも尽く松本が拾ってましたしね。

ただね、「雷鳥は頂きを目指す」という横断幕を掲げるなら、もっとスタイルのあるサッカーをしたほうがいいとは思いますね。

まあ、今の状況的に仕方ないのかもしれないですけども。

 

さてさて、東京とは6差と開いてしまいましたが、鹿島と横浜が落としましたので棚ぼたで2位と順位的には上がりました。

ホームでこれだけ勝てないとちと厳しいかしれませんが、夏場は強いフロンターレ。

これからもう一度多得点のバカゲームをやって勢いをつけたいものです。

 

東京のアウェー8連戦は8月下旬から。

そこまでしっかりついていけば相当なプレッシャーとなるはずです。

 

頑張れ!川崎フロンターレ!

comments(0) | trackbacks(0)

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
この記事に対するトラックバック