川崎消防設備社長日記

<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< バラバラにならずにバラバラを歌う | main | こういう試合を7月くらいに見たかった >>

最高の試合を袖にして、最低の試合を見る悔しさ

川崎フロンターレ、ホーム等々力でヴィッセル神戸と対戦し、1-2と敗れました。

 

まあ、今シーズンの優勝は無くなりましたね。

 

勝ち点差がどうこうではないんですよ。

 

姿勢の問題です。

 

とても負けられない試合を戦っている選手と思えなかったですね。

 

今日、等々力に足を運んだフロンターレサポーターはみんなこう思ったでしょう。

 

「こんなんだったら家でおとなしくラグビー観とくんだった」って。

 

最高の試合、袖にして、あんなラスト5分しか闘志を感じない試合見せられたんじゃあね。

 

ほんと、今日ほどガッカリした日は久しぶりです。

 

 

comments(0) | trackbacks(0)

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
この記事に対するトラックバック