川崎消防設備社長日記

<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< そういう年齢になったという事ことですかね | main | もうひとつうまくならないと難しいね >>

爺さん、よく頑張った

私事なんですけどもね、昨晩、私の妻の父親、私にとっては義父ですけども、天国へと旅立って行きました。

 

「もう明日の朝には目を覚まさないかもしれません。長くても1週間くらいですね。」と言われてから20日ばかり。

 

よく頑張ったと思います。

 

5年くらい前ですかね、なんだか義父の行動がおかしくなって、診察を受けたら「認知症」と診断されまして、ご近所にもご迷惑をおかけして申し訳なかったんですけども、ほんとにそれからは家族にとっても大変な日々の連続でした。

 

それでも元来、変わり者の義父でしたので、うちの子供たちともそんな義父を面白がりながら、極めて明るく看護して参りました。

任務をしっかり全うしてくれた子供たちにも感謝したいですね。

 

唯一の救いは、ギリギリではありましたが、まだ家族の名前を覚えているうちに他界できた事でしょうか。

 

子供たちに老いていく様をしっかり見せてくれた事。

目の前で死んでくれた事。

学校で教えられない授業をしてくれたと思っています。

 

なんだか葬儀場が混んでるらしくて来週まで葬式もあげられないんですけども、まあ、家が好きだった義父が少しのんびりさせろと言ってるのかもしれません。

 

生前、義父がお世話になったデイサービスやケアセンターの方、医師の方、看護師の方、ほんとうにありがとうございました。

 

最後に面白い話を。

まだ言葉を話せた1週間くらい前の話ですが、突然、義父が「酒が飲みたい」って言い出しまして、生前、アル中寸前なほど酒が好きだった義父ですが、認知症になってからは酒の話をした事なかったんです。

酒はさすがにという事で、甘酒を買ってきまして飲ませたら、「こんなの酒じゃねえっ!」って顔をしかめてました(笑)

 

酒の味は忘れてないのね・・・って大笑いしました。

 

本人は至って真面目なんですが、行動ひとつひとつが私の笑いの琴線に振れる人でした。

 

楽しい日々をありがとうございました。どうか、安らかに。

 

comments(0) | trackbacks(0)

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
この記事に対するトラックバック