川崎消防設備社長日記

<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 飲食店には消火器設置。それでいいじゃない | main | いったいなんだったんだ7days >>

鳥栖は途中から攻める気ゼロになっちゃったね

川崎フロンターレ、ホーム等々力でJリーグ開幕戦をサガン鳥栖と戦い、0-0と引き分けました。

 

今シーズンより4-2-3-1のシステムからより攻撃的にシフトした4-3-3に変更してるわけなんですが、1週間前のルヴァン杯予選の時は5-1と結果を伴ったんですけども、今回は結果が出ませんでした。

 

しかしながらゴール前に人数を掛けて戦う形ってのはしっかり出てましたし、ルヴァンの時に比べて相手が引きっぱなしになった分、速い攻撃が出せませんでしたね。

やっぱり、速い攻撃には速い攻撃なりのコツというものがあるんでしょうし、すぐにどうこう出来るもんでもないんでしょう。

 

ポジティブな面では、三笘はかなりやれるという事が解った事と、僚太が少し馴染んできた事、あとは、ルヴァンの時よりは守備で回収が速かった事ですかね。

ネガティブな面を言えば、サイドの守備の脆弱性ですね。今日はそこそこ1対1でサイドが戦えてましたけども、もっと強烈なサイドアタッカーを持ったチームと戦った時にどうかですね。

 

そういう不安材料をしっかりカバーするためにも、最初からパワーを掛けてしっかり得点にしなければいけませんね。

得点を取れないとなると今日のような・・・去年のような・・・なんともまったりとした時間が経過する試合となるでしょう。

 

まあ、今日は風が強くて、なかなかワイドな攻撃を出せなかったのもあるでしょうし、長年のクセのようなもんもあるでしょうしね、強いクセを直すにはそれなりに時間もかかるでしょう。

 

前半にホームの試合が多いですから、早めに勢いを付けてしっかりいい位置をキープして戦いたいですね。

今回は結果が出なかったんで、次はそれなりにメンバー替えていい頃合を探っていきましょう。

 

頑張れ!川崎フロンターレ!

 

※今年のJリーグは倒された時になるべく笛を吹かない方向性らしいんですけども、ボディーチャージの場合はいいんですけども、ガッツリ足首削ってるのに笛吹かないとか・・・もうそんなんだったらVARだけで進行すりゃいいじゃん。アホか。

comments(0) | -

この記事に対するコメント

コメントする