川崎消防設備社長日記

<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< たぶん使わないけどDVDを観れるようにしてみる | main | コロナ記念コインじゃないんだから >>

人を動かすのに大切な事

今日ですね、緊急事態宣言の5月末までの延長が発表されました。

 

私は現場の仕事、特に人を動かす仕事をしてますけども、長期の現場なんかで人を動かすのに重要な事ってのはあると思ってまして、それは、まず、大きな設計図を見せるという事ですね。

 

スタートから終わりまでの道筋を付けてやるという事。

全体図が見えていると、人は落ち着いて行動できますね。

 

そして、その日の朝に、その日の設計図を見せるという事。

今日はここからここまでやりましょうとその日のゴールを示す事ですね。

ゴールが見えていれば、人はそこを目指して集中してやりますね。

 

そして、最も重視しているのは、もしその日が順調に行って前倒しで明日の分の作業が出来そうでも、その日はやらないという事。

一度ゴールしたと思った作業員に、ゴールはまだでしたというのは、もっとも事故につながると思うからです。

これをやってしまうと、次の日の士気にも響いてしまいます。

 

もし、前倒しで作業したいなら、そもそも設計図を見せた時点で、うまくいけばここまでやれるから、最終日を楽にするためにここまでやっておこうかと相談し、そうですねという意思を確認しておく事ですね。

 

そこまでの考えが自分になかった時は、すんなり止めるできでしょう。

 

結局ね、人が動くのは人によるんですよ。

現場の人間はその人が頼りになるリーダーかなんてのは一瞬で見抜きます。

 

そういう事がね、今、日本全国で思われてる事なんだろうと思います。

 

私はね、最初の大きな設計図を見せる時点で誤りがあったと思います。

ゴールを日付にしてしまった事で、ゴールが動いてしまった。

ゴールは日付ではなく、結果にしておくべきだった。

例えば、PCR検査全体の何%陽性率だと終わりです。とか。

 

ゴールが動いた事で、士気が下がる人はたくさんいるでしょう。

 

事故がおこらない事を願うばかりです。

 

 

 

comments(0) | -

この記事に対するコメント

コメントする