川崎消防設備社長日記

<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 点を取られた時間が良かったですね | main | リジェクトダイアル再び・・・のはずが >>

視来の一撃は美しかったなあ

川崎フロンターレ、アウェーでベガルタ仙台と対戦し、3-2と勝利しました。

これで再開後、5連勝です。

 

前半から悪くはなかったんですけども、なんとなく停滞気味で、取られる気配はなかったんですけども、2点取られてしまいました。

1点取られた事で、仙台のゲームプラン通りに進んでしまった印象ですね。

運悪くこういう展開になってしまうことはあるものです。

出来としては決して悪くはなかったと思います。まあ、疲れもあって良くもなかったわけですが(笑)

しいて言えば、大きくサイドを変えるボールが精度を欠いた事くらいですかね。

あれがもう少ししっかり収まっていれば、例え点にならなくてもだいぶ楽だったのかなと思います。

 

後半頭から悠と旗手を投入し、停滞していたゲームが一気に動き始めましたね。

タツヤの怪我で先に投入されていた三笘もしっかり個性を出して迫力を出しました。

 

圧巻だったのは2点目のプレーですね。視来のすばらしいインターセプトから明らかにそれまでのゲームのスピードからひとつ上のスピードでゴール前に入っていき、ワン・ツーでフィニッシュまで。

すごく美しいゴールだったと思います。

あの時点ではまだ同点だったんですけども、「これは勝てる」とほとんどの人が思ったんではないでしょうか。

それぐらい、個人としての質の差を相手に見せつけた一撃だったと思います。

 

さてさて、今回、タツヤが怪我をしてしまったみたいですけども、他のチームもね、今節は怪我人が結構出たみたいで、さすがにこれだけ連戦だと元々のコンディションが万全でないところから始まってますから、そこをケアしながら戦うしかないわけですが、負けていい試合ってのはないわけで、どれだけの人数を入れ替えていくのかってのは中々に頭の痛い問題です。

 

今節もですね、鬼木さん的には、ある程度疲れている選手を把握しつつ、同じメンバーでスタートして、流れを見つつ交代していくという感じでいたと思うんですけども、選手層が薄いチームではないんでね、それなりに試しながら使ってもいいと思うんですよ。

練習の段階ではそれなりに差があるのかもしれませんが、ゲームで頑張る選手もいるでしょうから。

誰が出ても負けないと言われてますが、まだその域にある証拠は見せていないと思いますので、まだ試合にあまり出ていない選手もどんどん試してほしいと思います。

それがリーグ終盤に生きてくると思いますのでね。

 

次節はホームで湘南戦。

 

頑張れ!川崎フロンターレ!

comments(0) | -

この記事に対するコメント

コメントする