川崎消防設備社長日記

<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< リジェクトダイアル再び・・・のはずが | main | 勝ちに徹したいいゲームでした >>

存在が仕事する事もある

川崎フロンターレ、ホーム等々力で湘南ベルマーレと対戦し、3-1と勝利しました。

 

ちょっと等々力の芝の状態が悪くて驚きましたけども、長雨の影響なのか、コロナ関連でお金の問題なのか、久しぶりに酷い等々力見たなと。試合前まず驚きました(笑)

 

さて、試合ですけども、前半からボールを完全支配して攻めましたけども、相変わらずあのゴール前に人だらけディフェンスを崩すのは難しいですね。パチンコのように誰かしらに当たって跳ね返るみたいな(笑)

それに悠を始め、他の選手もこの試合はシュートが当たらなかったですね。シュートは打ちましたけども、枠に行かなかったり当たらず弱かったりで。

かなり疲れが蓄積されてきているのかなと。

 

点を取るにはカウンターしかないなと思っておりましたが、果たしてカウンターの機会があるのかなと。

それぐらい押し込んでいましたが結果的に1点、ポカンと取られてしまって、「うあ、こうなっちゃったら穴熊だわなあ・・・」と覚悟していましたら、なんと湘南が色気出して攻めだしたではありませんか。

 

昨年までの湘南なら負けか引き分け。

そんな感じの試合展開でしたが、きっちり3点取って逆転しました。

 

今日はですね、3点目にフォーカスしたいと思いますが、ダミアンが後半、悠の替りに出てきて、あんまり仕事出来なかったような印象ですけどもね、碧が抜け出した時に相手のディフェンスが2人いたんですけども、2人とも、ボールホルダーである碧にチェイスにいかずに、ダミアンへのパスコースとダミアン自体のカバーに動いてしまったんですね。

そのおかげで碧は完全にどフリーになって点を決めてます。

これはですね、やっぱり疲れているところに世界規格のFWが入った結果だったと思うんですね。

それなので、悠が後半からとかダミアンが後半からとか、どっちにしたって効果があるんですよ。

 

疲れを見ながらどっちが先発でどっちがジョーカーになっても大丈夫だと思います。

 

苦しい試合でしたがナイスゲームでした。

 

さて、いよいよ関西勢との対戦が始まりますね。

次のガンバ戦は最初の試練という事になります。

 

頑張れ!川崎フロンターレ!

comments(0) | -

この記事に対するコメント

コメントする