川崎消防設備社長日記

<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

勝ちに徹したいいゲームでした

川崎フロンターレ、アウェーでガンバ大阪と対戦し、1-0と勝利しました。

 

これで再開後、7連勝となります。

 

2位、ガンバ大阪との対戦ですのでね、勝利こそが100点の試合だったわけですが、なんとか勝つ事が出来ましたので、100点という試合になります。

 

成功体験の差といいますか。

以前はガンバ大阪の方にここ一番での成功体験が多く、川崎に乏しいという状況でしたので、こういう試合にはことごとく負け、引き分けを繰り返していたわけですが、この3年で成功体験の差は逆転し、それが結果にも現れたのかなと思います。

 

勝ちに徹したいいゲームだったと思います。

 

勝ちに徹してしっかり勝ったからこそ、この後の大分戦、札幌戦は大事になります。

ぜひ勝って、セレッソ戦にいきたいですね。

 

その前にルヴァンカップの予選がありますが、ゲームに出ていない選手をなるべく試してほしいですね。

勝っているとはいえ、ゲーム内容としては少しずつ動けなくなってきていますので、新しい力の台頭に期待します。

 

頑張れ!川崎フロンターレ!

comments(0) | -

存在が仕事する事もある

川崎フロンターレ、ホーム等々力で湘南ベルマーレと対戦し、3-1と勝利しました。

 

ちょっと等々力の芝の状態が悪くて驚きましたけども、長雨の影響なのか、コロナ関連でお金の問題なのか、久しぶりに酷い等々力見たなと。試合前まず驚きました(笑)

 

さて、試合ですけども、前半からボールを完全支配して攻めましたけども、相変わらずあのゴール前に人だらけディフェンスを崩すのは難しいですね。パチンコのように誰かしらに当たって跳ね返るみたいな(笑)

それに悠を始め、他の選手もこの試合はシュートが当たらなかったですね。シュートは打ちましたけども、枠に行かなかったり当たらず弱かったりで。

かなり疲れが蓄積されてきているのかなと。

 

点を取るにはカウンターしかないなと思っておりましたが、果たしてカウンターの機会があるのかなと。

それぐらい押し込んでいましたが結果的に1点、ポカンと取られてしまって、「うあ、こうなっちゃったら穴熊だわなあ・・・」と覚悟していましたら、なんと湘南が色気出して攻めだしたではありませんか。

 

昨年までの湘南なら負けか引き分け。

そんな感じの試合展開でしたが、きっちり3点取って逆転しました。

 

今日はですね、3点目にフォーカスしたいと思いますが、ダミアンが後半、悠の替りに出てきて、あんまり仕事出来なかったような印象ですけどもね、碧が抜け出した時に相手のディフェンスが2人いたんですけども、2人とも、ボールホルダーである碧にチェイスにいかずに、ダミアンへのパスコースとダミアン自体のカバーに動いてしまったんですね。

そのおかげで碧は完全にどフリーになって点を決めてます。

これはですね、やっぱり疲れているところに世界規格のFWが入った結果だったと思うんですね。

それなので、悠が後半からとかダミアンが後半からとか、どっちにしたって効果があるんですよ。

 

疲れを見ながらどっちが先発でどっちがジョーカーになっても大丈夫だと思います。

 

苦しい試合でしたがナイスゲームでした。

 

さて、いよいよ関西勢との対戦が始まりますね。

次のガンバ戦は最初の試練という事になります。

 

頑張れ!川崎フロンターレ!

comments(0) | -

リジェクトダイアル再び・・・のはずが

先日ね、22日に2回目の体外衝撃波結石破砕術という尿路結石の手術をしますって書いてたんですけども、無事に終わりました。

 

また、もう一段階、石は粉砕されたようです。

 

そんで、相変わらず、昨日は血尿というより血液が先端からドバドバと出てきましたよ。

それに慣れてる自分もいたりして(笑)

 

施術は前回通りだったんですけども、前回は元々にとんでもない激痛を受けていての施術だったんで、尿路なんだか腎臓なんだかがすでにかなりダメージを受けてたんでしょうね。それもあっての「死ぬほどの激痛」となったわけですが、今回はですね、事前には何の痛みもない状態。尿路だとか腎臓だとかにあまり炎症がない状態からの施術だったからでしょうか。

 

まあまあ、耐えられました(笑)

 

サッカーで言えば、前回がハーフタイムまで、今回は70分程度までは戦えたと思います。

 

前回のイメージがありますので、前日から震え上がっていたわけなんですが、その割には、術後の腫れも前回ほどではありませんし、リジェクトダイアル級というより、インパクトダイアル級の時間帯が長かった気がします。

元々の石のサイズが前回よりも小さいですし、前回より衝撃波自体が小さかった可能性もありますね。

自分の体が慣れた可能性も(笑)

 

また8月7日に検査ありますので、経過はその時に。

comments(0) | -